SHITSUGEI

​漆芸

MUROSE, Tomoya

​室瀬 智彌

Menu

​メニュー

Passion for my works
Works
Online Shop
facebook
 
Passion for my works

漆芸への想い

私は漆という素材の持つ生命の力に、とても惹かれます。漆の持つ力強さ、美しさ。乾漆や蒔絵などの技法を用いながら、その魅力をどうしたら引き出せるのかを、いつも考えています。​

About SHITSUGEI

漆芸について

漆芸とは

ウルシノキから採れる樹液(漆)を用いた工芸技法。漆は固まると水分や酸、アルカリに強い塗膜を作るため、木製品などに塗って防水性を高めるなど、日本では縄文時代から利用されてきた。表面に塗るだけでなく、接着剤としても用いられるほか、漆で絵を描いて金粉を蒔く「蒔絵」や、貝を貼って装飾する「螺鈿」など、様々な加飾技法が現在に伝わっている。

蒔絵

漆塗面に漆で文様を描き、その漆が固まらないうちに金銀などの金属粉(蒔絵粉)を蒔き付け、硬化後、漆で固め、研磨して仕上げる。蒔絵は文様を描く技法。広義では広い面を漆で塗り、前面に蒔絵粉を蒔く、いわゆる地蒔も含まれる。蒔絵粉は金属塊を鑢で削り下して加工したものである。主な種類は、鑢で削り下ろしたままのものを鑢粉、それを丸く球体にしたものを丸粉、丸粉を平たく伸ばしたものを平目粉、さらに薄く延ばし反り返った形状のものを梨子地粉など、加工形状によって名称がつけられている。蒔絵は、工程上から研出蒔絵・平蒔絵・高蒔絵の3種類の基本的技法に分けられる。応用技法として肉合研出蒔絵・研切蒔絵・木地蒔絵などがある。さらに、蒔絵表現を豊かにするため、付描・描割・針描・蒔暈し等の技術を併用する。地蒔には沃懸地・金地・平目地・梨子地など、蒔絵など、蒔絵粉の形状等により名称がつけられている。また蒔き方により、詰蒔き・淡蒔き・蒔暈し・斑蒔きなどの名称が付けられている。これらの技法は単独あるいは複合的に用いられ、さらに螺鈿・平文・切金・各種埋物(珊瑚・玉石・彫金・陶磁)なども併用される。蒔絵粉には金・銀以外に、銅・錫・鉛・白金などの金属粉、青金、赤銅などの合金粉がある。

乾漆

漆工品の素地の一つ。素地を布で貼り重ねて造形したもの、またその技法。多くは麻布を使用する。木型・土型・石膏型などに、米糊など水溶性の離型剤を施した上に下地を施し、麻布を糊漆や麦漆などで貼り重ね、一定の厚みになった段階で、さらに下地を施し、型から外す。近年は和紙を表面に貼る場合もある。自由な造形が可能となる。

 
Works

​作品

1/1
 
Profile

​プロフィール

室瀬 智彌 MUROSE, Tomoya

1982年 東京生まれ

2006年

早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業

2008年

石川県立輪島漆芸技術研修所専修科 卒業
漆芸家・小森邦衞氏に師事

2010〜2019年

「作家による うるし・おわん・うつわ展」毎年開催

2013年

フィンランド・ヘルシンキにて「Urushi by Tokanokai展」開催

2017年

第34回日本伝統漆芸展 新人賞

第64回日本伝統工芸展 新人賞

日本工芸会準会員
目白漆芸文化財研究所代表

facebook:

 
Online Shop

​オンラインショップ