Portland Pottery

Ken Pincus

Works

​作品

Teacup with blue _ turq
Teacup with blue _ turq
Bamboo-form vase with tammoku
Bamboo-form vase with tammoku
Tall teacups, porc
Tall teacups, porc
Bamboo-form vase, in progress
Bamboo-form vase, in progress
Teacup with slip-line pattern
Teacup with slip-line pattern
Little bowls with blue _ turq.
Little bowls with blue _ turq.
Tall vase with ash glaze
Tall vase with ash glaze

コメント

Comment

私の陶器への関心は、1960年代以降のアメリカでのArts&Craftsの復活に最初に触発されました。 1970年代半ばにカリフォルニア大学サンタクルーズ校に入学し、陶器と東アジア研究に専念し、学士号を取得しました。その後すぐに1982年に日本に行き、名古屋近郊の美濃地区(多治見市とその周辺)で、芸術家・陶芸家の吉田喜彦氏に師事し約4年間陶芸を学びました。

私はこれらの既存の高温焼成石器陶器の伝統の中で仕事をしています。今後の私にとっての課題は、自分自身の表現を見つけることです。それは、形、表面、窯の焼成プロセスの継続的な調査と改良につながります。

人々が年をとって人生の教訓を提供するのと同じように、何世紀にもわたって私たちと一緒に存在している陶器もそうです。中国の古い鉢を手にすると、その陶芸家が彼の工芸品について多くを語ってくれます。私は都市と森が近くにあり、地元の粘土と灰が混ざり合った現代の世界に住んでおり、この時間と場所にとって意味のあるものになるよう努めています。

Education

1977

カリフォルニア大学サンタクルーズ校で文学士号を取得。

(芸術工芸/歴史と東アジア研究の二重専攻-中国語)

1982 – 1987

岐阜県多治見市で4年間陶芸を学び、そのうち3年間は吉田喜彦の下で見習いとして働いた。

 

Studio Milestones

1990

オレゴン州アロハにピンカス陶器スタジオを設立

2001

オレゴン州ノースウェストポートランドの丘にある現在の場所に工房を移転

2005

Skyline窯(Palmquistの設計/建設)を築窯する。これは、約36時間で燃焼するように設計された単一室の薪窯。スカイライン窯で、通常春と秋の年2回焼成を行う。さらに、別のガス窯で年間を通じてより頻繁に焼成を行う

1988 – 2017

オレゴン陶芸家協会が主催する主要な陶器展であるCeramic Showcaseに毎年参加。また、太平洋岸北西部の限られた数のギャラリーやオンラインで作品を展示

Collections

ポートランド日本庭園

オレゴンユダヤ博物館

アメリカ陶芸美術館(AMOCA、カリフォルニア州パモナ)

Instagram:

Website: